1. トップページ
  2. 撮り方のポイント
  3. 写真うつりの良いメイク

写真うつりの良いメイク

写真を撮るからばっちりお化粧してたのに、できあがったらまっしろで不気味だったり、口紅の色がくすんで写ってしまって悲しかったことはありませんか? 実は、写真に向かないメイクがあるのです。

そして向かない化粧品は、照明によっても違います。撮影シチュエーションに合わせて、よりきれいに写真に写りましょう。

写真うつりの良いメイク

写真のためのパーツ別メイク

ベースメイク
とにかく厚塗りは避けます。フラッシュで首と顔が違う色になってしまうのはたいていは厚塗りが原因です。特に証明写真の場合は正面からライトが当たるのでフェイスラインが厚塗りだと顔デカに写ってしまいます
また、妙なテカリがでないようにセミマットがベストです。それから日焼け止めには光を吸収したり拡散させたりする成分が入っていて、真っ白に写ってしまいます。日焼け止め成分の入った下地は避けて下さい。
アイメイク
正面から光があたることで目元の陰影が吹っ飛び、のっぺりした目元に映りがちです。なので、色を使ってメイクをするというよりはメリハリを出すことを重視したほうが美人に写るみたいです。
眉下にはパールが繊細なタイプのハイライトを。眉頭の下には悪目立ちしないシャドウを。そして、目がぼんやりしないようにアイラインは黒でしっかりめに入れます。あとは、いつも通りのアイメイクでいいと思います。
リップ
証明写真の場合は特に笑顔になれないので「不満顔」に写りがち。なので、コンシーラーとリップライナーで口角を上げてへの字口にならないように気をつけましょう。
チーク
正面からの光でチークが飛んでしまうことがあります。いつもよりちょっと濃い目にしたほうが映りはいいかも!
ハイライト
どうしてものっぺりと写りやすい正面からの光を受けてもちゃんと立体感を出してくれるのがハイライト。でも、パールが効きすぎたものはテカってるように見えるのでギラギラしない上品なホワイト系を選ぶのがいいと思います。上品ホワイトは、パレットになっているものに比較的多いです。証明写真の場合は必須です。
撮影前の準備
注意しておくこと
写真うつりの良いメイク
背景の選び方
撮り方のポイント
免許証の写真
オークション写真
ブログに載せる写真
プリクラ
証明写真
集合写真
Q & A
手ぶれを防ぐためには?
婚活サイト登録写真の注意
デジカメ写真印刷のこつ