1. トップページ
  2. 撮り方のポイント
  3. 注意しておくこと

撮影前の準備

モデルさんの撮影の場合は、右の画像のように照明やメイクのプロが一番いい状態を追及して撮影します。しかしもちろん、一般の人の記念写真では、ここまで大がかりな準備はできません。

しかし、事前に準備しておくことで近い効果を得ることができます。きれいに写るために、しっかり準備しましょう。

撮影前の準備

基本の準備

身だしなみを整える
写真にはありのままが写ります。直らなかった寝癖も剃り残した髭もしっかり写して未来永劫残ります。きれいに写るためには、身だしなみをしっかりと整えて下さい。
特に証明写真は公式の場で使う写真になるので、事前に散髪してすっきりとした見た目になってください。
背景の色に合わせて服を選ぶ
観光スナップでは難しいですが、免許証の写真(青背景)や証明写真(白か薄いグレー)できれいに写るには有効な方法です。たとえば、青背景の前で赤やピンク色の服をきていると、うるさく写ってしまいます柄物もチラチラするので無地をお勧めします。白やクリーム色だと明るく写り顔映えもいいです。
逆に薄い色の背景の場合、黒など強い色を着た方が画面が閉まります。
顔の準備
恥ずかしいかもしれませんが、事前に鏡とにらめっこしてどんな顔で写るかシュミレートしてください。証明写真の場合は特に、笑い過ぎても無表情でもダメな写真になってしまうので、適度な表情を追及して下さい。ただし、あまり人に見られないようにはしてください。

その他用意するもの

白い紙・ハンカチ
座って写真を撮る際、膝に乗せておくとレフ板の役割を果たし顔映えがよく写ります。結婚式など、座ったまま写真を撮る場合は用意しておきましょう。
手鏡
写真を撮る直前にもしっかりと身だしなみを整えて下さい。鼻毛や謎の寝ぐせなど、一撃で写真うつりを台無しにする刺客は割とたくさんいます。女性の場合は口紅とマスカラの色落ちは特に注意して下さい。
撮影前の準備
注意しておくこと
写真うつりの良いメイク
背景の選び方
撮り方のポイント
免許証の写真
オークション写真
ブログに載せる写真
プリクラ
証明写真
集合写真
Q & A
手ぶれを防ぐためには?
婚活サイト登録写真の注意
デジカメ写真印刷のこつ