1. トップページ
  2. 撮り方のポイント
  3. オークション写真

オークション写真

ネットオークションで商品を出品するとき、写真の良し悪しによって落札価格が大きく変わるってご存知ですか? 会ったことのない一般の人ととする取引なので、説明文の美辞麗句より1枚の写真で判断されてしまうのです。素人判断なので悪気がなくても間違えてしまうことはありますし。

でも、ほとんどの人は商品写真なんか撮ったことありませんし、撮影用の高いカメラも持っていないと思います。そこでデジカメで撮れる、高く売れる商品写真のコツをご紹介します。

免許証

いいオークション写真って?

やっぱりオークションに出品するなら少しでも高く売れた方が嬉しいですよね。新品同様や未使用なら美しく、中古やわけあり商品なら相手に納得してもらってから取引できるように、傷やへたりやすい部位の状態が分かるように撮りましょう。

まずは背景
撮影する前に、部屋は絶対に片付けて下さい。背景が散らかっていると保存状態(乱雑な部屋だと「大切に保管してた」と書かれていても信憑性が薄い)を疑われます。また、生活感のある写真は野暮ったいです。
撮影スペースが確保できたら、背景を用意して下さい。適当な紙を壁に固定してセットしてください。このとき、折り目はつけずに適度なカーブを描くようにセットするのがポイントです。背景となる紙は、100円ショップや文房具店で適当な大きさのものが見つかると思います。大きさは、撮影対象をスタンバイしてフレーム全体が埋まるくらいあれば十分です。特に決まりはありませんが、ある程度コシのあるものの方がセットしやすく便利です。
背景紙はとりあえず白を選んだ方が無難です。シンプルでかつ、光がきれいにまわりやすいのでほとんどの商品に使えるからです。ただし、シルバーアクセサリーなどの貴金属製品は、黒をバックにして撮るとグッと高級感が高まります。黒いアクリル板だと、板に商品が映りこんでより高級感アップ。ですが、アクリル板は傷が目立つのでご利用の際は細心の注意を。
自然光を生かしてライトの代わりに
照明機器のような、明るくて柔らかい光を出すにはどうすればよいのでしょうか? そうです、自然光を利用するのです。
よく晴れた日の日中なら、冬でも十分な日差しが期待できます。しかし、一番上に達した太陽の光は強すぎるので、少々やわらげないと影まで強く出てしまい、凹凸が目立ってしまいます。そこで白いビニール袋(スーパーのレジ袋を大きくしたような無地のビニール)を切り開いて光のさす方の窓に貼り付けます。そうすると、適度に光が和らぎ、感じのいい写真になります。
レフ板の代わりに
写真の陰になる部分に、白い板から反射した光を当てる「レフ板」の代わりに、大きめの白い厚紙を折り曲げた物を使いましょう。折り曲げた内側に光源が当たるよう調整しつつ、写真の陰になる部分に光が当たるよう配置して下さい。

商品別撮り方

洋服・衣料品
お店にディスプレイされていた時を思い出し、ハンガーにかけて型崩れしてないか皴が寄っていないかをよく見てから撮影して下さい。トルソーがあればなお良し。椅子に掛けたり、床に置いたりすると見栄えが悪いです。
鞄・靴
鞄・靴(特にブーツ)の場合は、型崩れしていると状態が悪く見えます。新聞紙を丸めたもの等を入れてボリュームを出しましょう。また、背景の色を吸いこみやすいので、極力白背景で撮影しましょう。買った時に靴が入っていた靴箱・鞄を包んでいた保存袋もあったら一緒に並べて写しておきましょう。
ポスター
壁に張るなどして、ちゃんと開いた状態で真正面から撮影します。横から移すと変形して写ってしまいますし、床に広げて上から撮影するとどうしても撮影者や蛍光灯が写りこんでしまいます。
本・古本
背表紙の天辺は傷みやすいところなので必ずアップで撮った写真を添えて下さい。少しでも曲がっていたら嫌だという落札者もいます(そういうひとは中古商品を買ってはいけないとおもわなくもないですが)。古い本でシミや、天井が茶ばんでいたら必ず写真を撮って公開して下さい。トラブルのもとです。
撮影前の準備
注意しておくこと
写真うつりの良いメイク
背景の選び方
撮り方のポイント
免許証の写真
オークション写真
ブログに載せる写真
プリクラ
証明写真
集合写真
Q & A
手ぶれを防ぐためには?
婚活サイト登録写真の注意
デジカメ写真印刷のこつ